10年後の職業図鑑【要約】

どんな本?

一般的にイメージするような職業図鑑ではございません。
(動物図鑑とか恐竜図鑑のような感じではない)

堀江氏と落合氏の対談がメインで、

10年後に無くなる仕事や減る仕事が明記されています。

また、生まれる仕事・伸びる仕事も記載されており、

私たちが今後生きていく上で必要となるヒントが散りばめられています。

基本的には、モチベーションを高めて

人生を切り開く助けとなるような内容が盛りだくさんです。

この本を読むとどうなる?

・趣味も仕事につながる!と思考が変わる

今後は代替不可能な価値を自分自身に見出さないといけないとのこと。

では、代替不可能な価値の作り方とは・・・
好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くす!
例としては、ブロガー・インスタグラマー・ユーチューバー等。

更に噛み砕くと、好きなことを掛け合わせ、100万分の1を目指すということ。
(100万分の1の存在になる)

自分の楽しいと思うことを追いかけ他人との差別化を行う。
そうすればその興味はいずれ仕事になる。

堀江氏の言葉を落合氏が別の言い方で言うと
「仕事になる趣味を3つ持て」とのことでした。

・情報メタボからの卒業へ

SNSやネット記事を見て得た情報を
SNSでアウトプットすることでより知識を深めることができるとのこと。

またアウトプットをして、多くの人の意見を取り入れることでより
多角的な視座を手に入れることができる。
インプットとアウトプットのバランスが大事!!
(堀江氏は、他の著書でもアウトプットの必要性を説いていますね)

最後に

ということで、次は、
学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
を読みます。

ちなみに本を読んで読書感想文を書くこともアウトプットみたいです。