アウトプット大全

この本を読む前の私は、月に2冊の本を読み、
自己満に浸っていました。
自分の成長は全く感じていません。

この本を読んで私は、
インプット以上に、アウトプットの大切さに
気付きました。

今後は、1冊の本を読み終えるごとに、
その本に対して感想を書き、
アウトプットの練習をしていこうと思います。

スポンサードサーチ

読書感想文の書き方(購入特典動画を見終えて)

・通常パターン

・感想の話し合いをしてから、読書感想文を書けばストレス無く書ける。
・目新しいところ・ハッとするところに蛍光ペンを引いて読む。
 一冊読み終わったら3つ気づきを書き出す。
・ToDo3つ書き出す。
1気付き・1ToDoを骨組みにして、そこに本の文を引用して肉付していく。
あと自分の経験も肉付として加えると良い

・別パターン

ビフォ(本を読む前の自分)アフター(本を読んだ後の自分):その人らしさが出る。

・別パターン2

自己開示:相手の興味・関心を引き出すことができる。