【レビュー】いますぐ書け、の文章法

読書

マナブ氏がおすすめしてた本です。
何冊もの本を読んで、文章テクニックについて頭でっかちになるより、これだけ読めば良いと言われていた2冊のうちの1冊です。

この本は、フリーライター・コラムニストの堀井憲一郎氏が書いたもので、2011年に出版されてます。
2011年出版と比較的古めですが、文章を書く上での心得や精神論がギッシリとつまってます。
若干、テクニックについても書かれています。

その中でも、以下の引用部分が心に響きました。

「文章は、人を変えるために書かないと意味がない」

自分の文章で人が動いてくれると思うと単純にワクワクします。
また、文章=サービスという点は本当に同意します。
他の本とは違う視点だったので、ハッとさせられました。

なぜ「とにかく書け」なのか。
それは文章を書きあげていく過程が、上記のとおり、書かないと経験できないもの、だからだ。
その意味で、文章を書くのは、スポーツと同じである。
ほぼ、まったく同じだと思っていい。

文章を書くと言えば、勉強的な印象を持ってましたがそうではないようです。
スポーツと同様日々練習することが大事だと気付かされました。

世間の感想は、
・何度も読み返す本に仕上がっている。
・文章を書く上で大事な精神論が書かれている。
などでした。

私自身、今後はスポーツの練習をするかのように書く頻度を上げていきます。
人を変える文章を書く意識も保ちます。

文章術について書かれた本の中でも、他の本と視点が違い新たな発見がある本です。
オススメです。

最後にこの本に興味があるならこちらもおすすめです。