【テニス】ボレーは振るの?振らないの?(新常識)

テニス

ボレーはどこで教えてもらっても、大体がラケットを振るなと教えられますよね。

でも正直プロの選手を生で見たり映像で観たりすると「振ってるじゃん!」と思ったことございませんか。

自分の目を信じるべきか、コーチや周りの人を信じるべきか悩んでいる方に少しでもスッキリしてもらう為に書きます。

ボレーは振ってもいい

まずは早速結論からです。

ボレーでは、振れるボールは振ってもOKです!

ボレーヤーで有名な鈴木貴男プロがおっしゃってます。

日本のレジェンドがおっしゃってるので、これは間違いありませんね。

ボレーを振ることのメリット

ボレーでラケットを振ることで、もちろんスピードが出ます。

ボレーで勝負したい人や上のレベルの人とやるときには身に付けておかないといけない打ち方です。

ボレーを振ってもいい時の条件

グリップとラケットヘッド(先端)が同じ距離だけ動かせる場合は、ボレーを振っても大丈夫です。
※記事最下部のYouTubeを観ていただければ、鈴木貴男プロのラケットワーク見れます。

確かに、時間的に余裕があって振れるボールなのに振らずに当てるだけの死んだようなボレーをするなんてもったいないですよね。

打とうものなら、即逆襲されます。

もちろんボールのスピードによっては、振ると間に合わない場合があるので、それは振らない方がいいと思います。

引用:鈴木貴男ホームページ

上記の通り、時間的に余裕がないボールなのにラケットを振るのは、もちろん違いますよね。

この点は注意が必要です。

要はラケットを振るにしても、時と場合によるということです。瞬間的な判断が大事!

まとめ

鈴木貴男プロがおっしゃってますので、もう私たちは心置きなくボレーを振ることができます。

ただし、余裕のあるボールの時だけにしてくださいね。

まずは中ロブくらいの球出しをしてもらって、ボレーでラケットを振ってみてはいかがでしょうか。

最後にyoutubeを貼っておきます。

【鈴木貴男流ボレー】強いボレーを打つコツを伝授!固定観念を捨てよう【テニス】

フェデラーのこちらの練習動画のボレーがおかしいです。


(訳:現代のボレーテクニック)

一瞬、スマッシュかと思いました。