ITパスポート試験に2回落ちた話(恥ずかしいけど書く)

ITパスポート試験

私は、過去ITパスポートに2回落ちて3回目でやっと合格しました。

ITパスポートは国家資格の中でも合格率が高い方だと言われていますが、その試験に2度も落ちた私が同じ犠牲者を増やさないために書きます。

IT系の入門試験の割に合格率は平均50パーセントと数字だけみるとなかなか難しいと思う今日この頃です。

この記事は、以下のような方の参考になれば嬉しいです。

  • ITパスポートに不合格したけど、次こそは合格したい
  • 新卒でIT企業に入社と同時に取得しろと言われ手っ取り早く合格したい
  • 現在学生で、学生合格率は30%前後だけどなんとか合格したい

ITパスポートに合格した際の勉強法

基本・基礎・概念など全てを捨て、ただひたすら以下を実施しました。

  • 過去問を解きまくる
  • 試験前日まで過去問を解きまくる
  • 試験直前まで過去問を解きまくる
  • 過去問の解説を見ても意味不明なところは捨てる

すごく極端で、「なんだそれだけか」と言われるかもしれませんが本当にこれだけです。

1回目と2回目の落ちた時の勉強法はと言うと、「テキストを最初のページから見て意味を完璧に理解して受けよう」とやる気に満ち溢れていました。

ですが、それだと全然ページが進まず、次第にはやる気も無くなり試験日当日を迎えていました。

特にストラテジ系とか「これIT関係あるの?」と思って呆れてたりもしました。

1回目に落ちたときにこの勉強法を変えるべきだったのに、2回目もこの負け確定の勉強法で挑んでいました。アホです。

元々文系だったからという言い訳をしておきます。。。

3回目は流石にお金も無駄に使ってしまったので、やけくそになり、「理解できなくていいから問題の出題形式になれる」ことを第一に考えて過去問を解きまくりました。

詳細な勉強時間は覚えていませんが、多分合計20時間くらいは過去問+解説を読む時間に使ったと思います。

この勉強方法が当たりで、3度目の正直で合格できました。

ITパスポート試験の性質

  • 過去問と似たような問題がよく出る
  • 試験では1問につき1分かけてたら間に合わない設計になっている

ITパスポート試験の性質は上記なので、フィーリングというか直感も大事な気がします。

過去問に慣れておくことで、直感的に回答できるようになり、解くスピードも上がります。

ITパスポート使った教材

ITパスポート試験過去問道場

のみです!!!(無料!!!)

また、スマホでもこの過去問のサイトを開いておいて、移動時間に解いてました。

ちなみに会社から支給された「栢木先生のITパスポート〜」的なテキストや自分で買ったテキストは全然進まなかったです。

なぜか今見返すとすごくわかりやすいなと思うことはありますが、当時の私には理解できなかったのでしょう。

ITパスポート試験に合格するには過去問が大事【まとめ】

ITパスポート試験に合格するには以下が大事です。

  • 過去問ばっかりやりまくって合格しましょう!
  • 過去問なら隙間時間でスマホ勉強可能です!

ITパスポートを持ってると最低限のIT知識はあるんだなと言う目で見てもらえます。

また、数ある情報処理技術者試験のベースとなる資格なので、今後、上位資格を取得をする上では絶対に取得しておきたい資格です。

あなたも頑張ってください!

最後に:通信講座ってどうなの?

独学ではどうしても危機感が持てなかったり、モチベーションが維持できないのであれば通信講座はありだと思います。

独学で合格してる人は周りにも多数いますし、私自身も独学で合格しています。

なお、以下の記事では通信講座のおすすめ3社をご紹介していますので、モチベーションの維持が難しい方は独学と合わせて、通信講座を検討してみるのはどうでしょうか。

ITパスポート試験に合格した私がおすすめする通信講座3社
おすすめのITパスポート試験の通信講座が知りたい方向けに書きます。 新卒でIT企業に入社したと同時に取得を推奨されることの多いITパスポート試験ですが、通信講座も多数出回っています。 今回、その中でも通信講座3社に絞って特徴をご紹介します。