稼ぎ方の本を5冊読んで考えたこと(少し頑張れそう)

HowTo

稼げるようになりたいと思って読んだビジネス書5冊に書いてあったことを纏めます。

  • どうすれば稼ぐ思考が身につくのか?
  • 楽しく稼ぐにはどうしたらいいのか?
  • 大体どの本にも書いてあることはどんなことなのか?

上記の答えが見えてきたのでご紹介します。

稼ぎ方を学んだ本は5冊ある

10年後の職業図鑑

「趣味も仕事につながる」と思考が変わる本です。

今後は、代替不可能な価値を手にすることが重要になってきます。
その作り方としては、好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くすことです。

例:ブロガー・インスタグラマー・ユーチューバー等

更に深掘りすると、好きなことを掛け合わせ、100万分の1を目指すということが大事です。
「100人に1人」には、才能がなくても時間さえかければなれます。

自分の楽しいと思うことを追いかけ、他人との差別化を行うことで、その興味はいずれ仕事になります。
「仕事になる趣味を3つ持て」これがこの本から学んだことです。

ブチ抜く力

与沢翼さんの体験を元に目標設定の仕方を学べる本です。

目標は超短期間で設定するものです。

目標を短期間設定するメリットとしては、下記です。

  • (超短期だから)集中できる
  • (超短期だから)モチベーションを保つことができる
  • (超短期だから)ハードな内容でも頑張れる
  • (超短期だから)普通の人の何倍もの速さでPDCAが回せる

自分の過去を振り返ると確かに短期目標の方が成功率が高いと感じました。

億を稼ぐ勉強法

年収を上げるための意外な方法がわかる本です。

「顧客の成功は、自分の成功となり、顧客中心の仕事ができる人は稼ぎが増えていく」

もうこの1言に尽きます。

この言葉は、サラリーマンからブロガーまで幅広く当てはまります。
サラリーマンだと身近な顧客は、上司や経営者に設定するといいです。

また顧客の成功を実現させる方法としては、成功ノート(左ページに顧客の成功と課題・右ページに役立つ情報)を書くことです。
「人は自分のことを考えると悩み、顧客のことを考えると知恵が出る」
他人から相談を受けたら、自分自身も何かしらのアドバイスはできるので、言われてみればそうだと感じました。

原点に帰り顧客の成功に重点を置くという部分が成功への鍵です。

自分のアタマで考えよう

題名の通り、自分で考えることの大事さがわかる本です。

数字の情報(グラフ)を見たときにまず考えるべきことは「なぜ?」と「だからなんなの?」の
2つであることです。

「なぜ?」ではデータの前段階を考えます。
(数字はなにかの現象や活動の結果なので、全ての数字には理由があります)

「だからなんなの?」ではデータの後段階を考えます。
「過去の結果がこの数字に表れているのだとしたら、次はなにが起こるのか? それにたいして自分はどうすべきなのか?」とデータの先を考える問いです。
世の中には、「過去のデータはあるけど、誰も将来を予想していない」分野もあります。
そういったときに「自分の頭で考えて予測できる力」があれば、将来に向けて準備や投資ができるようになります。
自分で考えることができれば、他者に先じて準備を整えられます。

数字・グラフから時代を先読みする力が大事です。

君がオヤジになる前に

あらゆる情報を取得することの大事さがわかる本です。

「情報のコックを思い切り捻って情報のシャワーを浴びろ」
あらゆる情報を入手することで、未来を予測できるようになります。

あらゆるニュースに対して自分の頭で考え、本質を見抜くことが大事で、方法としてはSNSやブログを駆使してのアウトプットが推奨されてます。
凄い!と思ったガジェットもすぐに使ってみるといいです。
自分の頭で考えて行動することによって、オヤジ化(思考停止状態)が防げます。
 

まとめ:読書を通して稼ぐ方法

上記の本を要約しますと、以下です。

  • ①:自分の好きなことに対して情報を集める
  • ②:情報収集した中でなぜ?だからなに?と自問自答し考える
  • ③:考えたことから将来を予測し、超短期目標を設定して行動する

自分の中でもやるべきことが纏まってきたので、いい機会となりました。