【鬼滅の刃】善逸風の写真・画像加工方法(iPhoneアプリで挑戦)

鬼滅の刃 善逸風 HowTo

鬼滅の刃の善逸が繰り出す技(雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃)のエフェクトを写真の加工で表現できるか挑戦してみました。

きっかけは、コスプレした子供の写真を見ていて、

「この写真を使って派手に加工したい!」

と思ったことがきっかけでした

イメージ図
善逸 霹靂一閃
(アニメ 鬼滅の刃より)

下記のような方の参考になれば幸いです。

  • お子さんにコスプレさせて、写真を加工したい。
  • 自分がコスプレした写真を加工したい。
  • フィギュアを撮影して加工したい。

準備するもの

LensFXのみ有料アプリ(610円)となりますが、他は無料のアプリです。

  • iPhone(基本的になんでもiPhoneならなんでもOK)
  • Adobe Photoshop Fix:写真を全体的に暗くするために使用
  • PicsArt:躍動感を出すために使用
  • LensFX:雷・煙・フレアなどの派手な加工に使用
  • Lens Distortions:光の加工をするために使用
  • iPhoneの写真アプリ:文字を入れるために使用

※LensFXは誰でも簡単に派手な加工ができるアプリなので、610円を支払う価値はあります!

ビフォアフター

修正前と修正後は以下です。

▼before
タスクマスター

▼after
鬼滅の刃 善逸風

今回、フィギュアを使って写真の加工をしましたが、人物を撮影した写真でももちろん加工できます。

加工手順

それでは早速、写真を加工していきます。

写真(画像)を撮影

タスクマスター
※被写体を気持ち斜めに撮るといい感じになります。

写真を全体的に暗くする(Adobe Photoshop Fix)

Adobe Photoshop Fix を開き、撮影した写真を読み込んだ後に、以下の流れで暗めに調整し保存します。




※若干、暗くなったと思います。

写真に動きを出す(PicsArt)

PicsArt を開き、先ほど暗めの加工をした写真を読み込んだ後に、以下の流れで動きを出し保存します。




※エフェクトのモーションブラーをもう1度タップし、距離と角度とフェードをお好みで調整します。その後、消しゴムマークをタップします。


※背景をタップし、背景だけに躍動感を適用します。


※ダウンロードします。


※躍動感が出たと思います。

煙を画面上下に追加(LensFX)

LensFX を開き、先ほど動きを出す加工をした写真を読み込んだ後に、以下の流れで煙を追加します。

※煙を複数追加する際には、都度LAYERSの【+】ボタンをタップしてから追加してください。


※SCALE・BRIGHTNESS・OPACITYをお好みで調整して、煙をいい感じに仕上げます。


※さりげなく煙が追加できたと思います。

刀の鞘にフレアを追加(LensFX)

LensFXを開いた状態で、さらに以下の流れでフレアを追加し保存します。

※フレアを追加する際には、忘れずにLAYERSの【+】ボタンをタップしてから追加してください。


※SCALE・BRIGHTNESS・ASPECT・SOURCEをお好みで調整して、フレアをいい感じに仕上げます。


※色も黄色に調整します。



※ピカーッとなったはずです。

人物の後方に光を追加(Lens Distortions)

Lens Distortions を開き、先ほど加工した写真を読み込んだ後に、以下の流れで光を追加し保存します。


※柔らかい光が後方に追加できたと思います。

技名を追加(写真アプリ)

iPhone標準の写真アプリ を開き、先ほど加工した写真を選択して、以下の流れで技名を追加し保存します。






※1文字打って改行することで、縦方向に文字が並びます。


※1行追加・移動、1行追加・移動の繰り返しです。


※フォントや文字サイズはお好みで調整してください。

ダメ押しで雷を追加(LensFX)

最後にもう1度 LensFX を開き、先ほど文字加工をした写真を読み込んだ後に、以下の流れで雷を追加します。


※雷をいくつか追加してもかっこいいかもです。

完成!

鬼滅の刃 善逸風

まとめ

うまく加工できましたでしょうか。

今回の方法で鬼滅の刃の善逸が繰り出す技(雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃)のエフェクトをそれなりに表現できるようになったかと思います。

今回はフィギュアでしたが、被写体が人間だともっとかっこよくなりますし、自然な仕上がりになります。

あなたなりのアレンジも加えてお試しください。