『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』まとめ(実践してみた)

やりたいことの見つけ方 Life
  • やりたいことが多すぎる。
  • やりたいことが多すぎて、選択することに疲れた。
  • 忙しくてやりたいことがない。

日々忙しく・情報があちこちに溢れている現代。。。

上記のような悩みは誰しもがあるのではないでしょうか。

私の場合は、
「やりたいことはたくさんある。でも考えすぎて毎日毎日疲れるようになってきたので、何か1つに絞りたい!」
と思うようになってきました。

そんな時に出会ったのが、今回ご紹介する『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』(八木 仁平)の本です。

『人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド』とのことで、

「毎日、やりたいことを考えすぎてモヤモヤした私を解放してーーー」

心の底から思っていたので、すぐに実践しました。

結果、「やりたいこと」と「人生の進むべき方向」が鮮明になりました!
※さすが10万部のベストセラー(2020年12月時点)

今回は、私の実践と絡めてしまい大変恐縮ですが・・・ご紹介します。

「やりたいこと」の見つけ方の三本柱

「やりたいこと」の見つけ方の三本柱

本書では、「やりたいこと」を見つける上で、考えなくてはいけない3つの項目(三本柱)が紹介されています。

その三本柱は以下となります。

  • 好きなこと(自分の情熱がある分野)
  • 得意なこと(自然と人よりも上手くできて、やっていて苦なく心地よいこと)
  • 大事なこと(価値観・状態を表す)

三本柱が明確になると、「本当にやりたいこと」が出現し、やりたいことを実行する「手段」も自ずと見つかります。

さらに簡単にまとめると以下です。

    好きなこと × 得意なこと × 大事なこと = 本当にやりたいこと
    ※「本当にやりたいこと」が見つかれば、それを実行する「手段」は自ずと見つかる。

三本柱を明確にする優先順番

優先順番

この三本柱は、明確にするための優先順番があります。

  1. 大事なこと(価値観・状態を表す)
  2. 得意なこと(自然と人よりも上手くできて、やっていて苦なく心地よいこと)
  3. 好きなこと(自分の情熱がある分野)

こちらの順番です。

理由は割愛しますが、しがらみは考えず、フラットな気持ちで考えてみてください。

それでは、さらに三本柱を深掘りしていきます。

①:大事なこと(価値観・状態を表す)

大事なこと

まずは、「大事なこと」から考えます。

大事なことの例としては以下となります。

例:

  • 安心して生きたい。
  • 穏やかに生きたい。
  • 熱中して生きたい。
  • 好きなことをして生きたい。
  • 人に優しく生きたい。
  • 自由に生きたい。

※自分が価値を感じていることは、他の人にも広めていくことができます。だから「大事なこと」は超重要です。

「大事なことなんてパッとは出てこない!」という方のために、本書では5つの質問が用意されています。

今回はその中の1つだけをご紹介します。

「自分って人生で何を大事にしてそうかな?」と周りに聞いてみてください。そう思った具体的なエピソードも聞けるといいです。

私は、妻にこの質問を投げかけました。

結果、「趣味・遊び・楽しみ。自分の遊びを最優先にしている」との回答・・・・(グサッ)

でも間違ってないなと思いました。

  • 熱中して生きたい。
  • 好きなことをして生きたい。
  • 自由に生きたい。

私の「大事なこと」は、上記に該当してきます。

②:得意なこと(自然と人よりも上手くできて、やっていて苦なく心地よいこと)

得意なこと

次に「得意なこと」を考えます。

得意なことの例としては以下となります。

例:

  • 情報集め
  • 分析
  • 人の気持ちを大事にする。
  • 1つのことを突き詰める。
  • リスクを考えられる。
  • 思いついたらすぐ行動している。

※得意なことは、「スキル・知識」とは別物ですので要注意です!(英語・プログラミング・料理の知識などはスキルと知識に該当します)

得意なことについても「パッとは出てこない!」という方のために、本書では5つの質問が用意されています。

その中の1つだけをご紹介します。

これまでの人生で成果が出たことは何ですか?どうやって成果を出しましたか?

私の場合は、「テニスで2大会連続で入賞できたこと」「会社で優秀社員賞をいただいたこと」が成果です。

どちらも共通して、「本や雑誌、技術書を読み漁る+わからないことはググる+調べて考えたことを実践する」で成果がついてきたと考えました。

これは自分でも「なるほど!」と納得しました。

(自分の数少ない成功体験を思い出すきっかけになったので、ちょっと気分も良くなりましたw)

  • 情報集め
  • 分析
  • 1つのことを突き詰める。
  • 思いついたらすぐ行動している。

私の「得意なこと」は、上記に該当してきます。

もし行き詰まったら、以下の診断を使って「個性」を診断するのも良しです。

» 無料パーソナリティ診断
※いくつかの質問に答えることで、あなたの個性を診断してくれます。

③:好きなこと(自分の情熱がある分野)

好きなこと

最後に「好きなこと」を考えます。

好きなことの例としては以下となります。

例:

  • 心理学
  • 環境問題
  • ファッション
  • 医療
  • ロボット
  • デザイン

情熱のある分野のことですね。

こちらも本書では5つの質問が用意されています。

その中の1つだけをご紹介します。

今お金を払ってでも勉強したいことはありますか?

私の場合は、先日「Webクリエイター(html・css・デザイン)」の講座に課金したばかりだったので「好きなこと」は、スッと出てきました。

  • デザイン(Webデザイン)

私の「好きなこと」は、上記に該当してきます。

三本柱のまとめ

まとめ

さて、三本柱が出そろったところでまとめに入ります!

まずは、八木 仁平氏(著者)の「本当にやりたいこと」を例としてご紹介します。

八木 仁平氏の場合:

    自己理解(好きなこと) × 体系立てて伝える(得意なこと) × 夢中になって欲しい(大事なこと) = 夢中になって欲しいから、自己理解を体系立てて考える。(本当にやりたいこと)
    ※ブログ・プログラム・本(手段)

念のため、もう1つ他の例をご紹介します。

例:

    スポーツ(好きなこと) × 学んで伝える(得意なこと) × 成長する喜びを知って欲しい(大事なこと) = スポーツについて学んで人に伝える。成長する喜びを知って欲しいから。(本当にやりたいこと)
    ※コーチ・先生・ブログ・本・YouTube(手段)

では最後に私の場合です。

私の場合:

    Webデザイン(好きなこと) × 学んで提供する(得意なこと) × 好きなことに熱中して欲しい(大事なこと) = 好きなことに熱中して欲しいから、Webデザインを学んで提供する。(本当にやりたいこと)
    ※クラウドソーシング・Webデザイナーに転職(手段)

やる前には、予想もしなかった意外な結果が導き出されました。

私は、「Webデザインを通して、誰かが好きなことに熱中できるよう手助け」をしたいんだなと思いました。

なんかスッキリです。

最後に・・・

本記事だけでは「本当にやりたいこと」が見つからなかったという方は、ぜひ本書を読み15個の質問に答えて「本当にやりたいこと」を導き出してください。

実践する際は、ノートに質問と回答のメモを取りながらやってくださいね。

書くことで自分の考えが整理されていくのが鮮明にわかります。

終わる頃には、モヤモヤがスッキリしているはずです。

こんな良書に出会ったのは久しぶりです。ありがとうございます。
この内容で1,400円は本当に安すぎます。

あなたも騙されたと思ってお試しあれ。

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』は Amazonオーディブル の無料体験で聴けます。

\スキマ時間を有効活用しましょう!/
Amazonオーディブル無料体験