やりたくないことリスト(人生攻略ロードマップを読んで実践)

人生攻略ロードマップ Life

迫佑樹さんの「人生攻略ロードマップ 「個」で自由を手に入れる「10」の独学戦略」を読んで、この本を私の人生のバイブルにしようと決めました。

本編ももちろん素晴らしい内容でしたが、その中でも終盤の

モチベーションを維持する方法として「やりたくないことリスト」を作ると良い

というところが刺さりました。

「やりたくないことリスト」は全て現実味がある

本来なら「やりたいことリスト」を作るのがセオリーな気がしますがどうやらそうではないとのことです。

迫佑樹さんが過去に作った「やりたくないことリスト」は下記です。

  • スーツを着て仕事をしたくない
  • 通勤電車に乗りたくない
  • 美味しいものを食べられないのは嫌だ
  • 誰かにやらされてやる仕事はしたくない
  • 毎月同じようなことはしたくない
  • 忙しすぎるのは嫌だ
  • 資産にならない仕事は嫌だ
  • 金銭的に不自由するのは嫌だ
  • 遊ぶ時間が確保できないのは嫌だ
  • 面倒くさい人間関係は嫌だ

上記の通り、「やりたくないことリスト」は全て現実味があります。

「やりたくないことリスト」が「やりたいことリスト」より優れている点

  • 「やりたくないことリスト」を「やらないためには、どうすればいいか」という対策が立てやすい
  • 「今やらなければならないこと」が浮かびモチベーションが上がる
  • 「やりたいことリスト」は現実離れしすぎたものになりがち

「やりたくないことリスト」は現実味があるので、どう行動したら回避できるのか自分の頭でもわかりやすいですね。

「やるべきこと」がわかるのです。

「やりたくないことリスト」を作る

「やりたくないことリスト」を作ることが大事だということが分かったので、しがない事務職の私も改めてiPhoneのメモ帳を見直してリストを作ってみました。

  • 毎日ルーチンワークの仕事をするのは嫌だ
  • 金銭的に不自由するのは嫌だ
  • 会社にだけ頼って生きるのは嫌だ
  • 家事で時間を取られるのは嫌だ
  • 遊ぶ時間が確保できないのは嫌だ
  • 美味しいものを食べられないのは嫌だ
  • 誰かにやらされてやる仕事はしたくない
  • 運動する時間がないのは嫌だ
  • 夜勤は嫌だ(転職して解決済み)
  • 通勤電車は嫌だ(転職して解決済み)

トータルで見た時に、私は会社に縛られるのが嫌なんだということが見えてきました。

これだけでもかなりの収穫です。

確かに週に5日も自分の人生を切り売りして働いてるのは、おかしい話だよな・・・とジワジワきました。

今後は、「やりたくないことリスト」を起点として人生攻略ロードマップを実践していきます。