オモ写テクニックまとめ【初心者向け】

オモ写

まだまだオモ写初心者な私ですが、初心者向けのオモ写テクニックをまとめます。

4年間のオモ写生活を通して分かったオモ写の加工方法や持ってると便利な小物のご紹介をします。

オモ写加工方法

アイアンマンの発光

【オモ写テクニック】アイアンマンの目を発光させる加工方法(アプリ使用)
オモ写でアイアンマンの目やアーク・リアクターを発光させる加工方法をご紹介します。 アプリを2つ使いますがスマホでわりと簡単に編集できる方法です。 これができた時の喜びはかなり大きいです。

オモ写の加工で1番最初にやって欲しいのがこちらです。

アイアンマンではなくても、仮面ライダーだったりでもOKです。

完成したときの達成感はたまりません。

自分で加工した後のオモ写のビフォアフターを見比べてもらえれば感動してもらえるはずです。

浮遊・ジャンプ・浮かせる

【オモ写テクニック】フィギュアを浮かせる方法
フィギュアを浮かせる簡単な加工方法(アプリ使用)をご紹介します。

フィギュアを浮かせる加工方法です。

少し雑な方法ですがうまくやれば綺麗に加工できます。

躍動感・ダッシュ

【オモ写テクニック】スピード感(躍動感)の加工方法
オモ写用にスピード感を出したい!躍動感を出したい!ダッシュされたい!。 そんな方のために! 今回は、スピード感(躍動感)の加工方法についてご紹介します。 以下修正前と修正後の写真です。 before ...

躍動感を出したいときはこちらの加工がおすすめです。

簡単にそれらしい動きがだせます。

目の中の光(アイキャッチ)

【オモ写テクニック】フィギュアの目に光を入れる加工(瞳にキャッチライト)
目の瞳に光(白い輝き)を入れることをキャッチライトと呼びます。 人間もそうですが、目に光を入れると男女問わず、魅力的な写真に見えます。 フィギュアにも同様のことが言えますので試しに加工してみました。 これをすることでフィギュア...

めちゃめちゃ細かい加工ですが、目の中に小さな光を入れる方法です。

フィギュアに生気が宿る感じがします。

ライトセーバーの発光

【オモ写テクニック】ライトセーバーの加工方法
オモ写用にスター・ウォーズフィギュアのライトセーバーを光らせたい。 そんな方のために! 今回は、ライトセーバーの加工方法についてご紹介します。 以下修正前と修正後の写真です。 before af...

こちらも挑戦したい方が多いんじゃないでしょうか。

ググってもあまり出てこなかったので書いてみた記事です。

スターウォーズ系のオモ写には必須の加工方法です。

撮影方法

ディスプレイを背景画像に

【オモ写テクニック】背景にPCモニター(ディスプレイ)を使用
外オモの度胸がない。 外オモに行くのが面倒くさい。 そんなときは、背景にPCモニター(ディスプレイ)を使って、 オモ写してみましょう。 ※ちなみに撮影方法に関して、 わたしは超ド素人なので最小限のものしか使いません。 1...

私自身、部屋の雑多でオモ写することが物凄く多いのです。。。

背景を変えるだけで私のような素人でも多少それらしく見えます。そんな方法です。

騙されたと思ってトライしてみてください。

グッとそれらしさがアップします。

撮影テクニック満載の本

【オモ写テクニック】スマホユーザー向けのおすすめ本(コツ!)
iPhone・スマホでオモ写していて、かつ初心者の方におすすめの本をご紹介します。  iPhone・スマホでオモ写してきたけど、簡単なテクニックを知って少しでもいいからレベルアップしたいという方向けの一冊です。

iPhone・スマホでオモ写してる方は必読です。

たくさんのテクニックが紹介されています。

あると便利グッズ

粘着タック

【オモ写】ダイソー(100均)粘着タックの実力はいかに!
ダイソー粘着タックの実力をフィギュアを使って検証してみました。 いやーかなり伸びますね。 消しゴムのカスをこねて作ったものより少しかたいくらいの触感です。 ちなみに無臭です。 粘着力はいかほどのものか? ...

粘着タックがあれば、フィギュアにいろんなものをくっつけることができます。

主に、足の裏にくっつけて安定感をアップさせたり、武器や小道具などを持たせたりなどです。

困難な体勢でバランスを取らせたり、非対応の武器を装備させて楽しい遊びができます。

100均の撮影ブース

撮影ブースを100均グッズで自作しました!
100均グッズで撮影ブースを作成しました。 よくブログで紹介されているボックス型にしてみたのですが、iPhone8(横向き)を使ってフィギュアを撮影すると横のパネルが写ってしまい、拡張して対応しました。

撮影ブースは100均で十分です。

だって素人ですもん。

ディスプレイを背景にするのもいいですが、たまに白バックで撮りたくなる時がくるので、あると便利です。

魂STAGE

【レビュー】魂STAGE ACT HUMANOID
オモ写やフィギュアをディスプレイする時に必要不可欠な魂Stageですが、人型フィギュアに特化したものが登場していました! こちらを使ってみた感想を書きます。 今回のポイントは、なんと言っても股間をサポートしてくれるこちら...

魂STAGEはオモ写をする上で1つは絶対にあった方が良い代物です。

ポージングをする際にかなり活躍してくれます。

折りたたみテーブル

無印良品 折りたたみテーブル(オーク材)のレビュー【1年間使用】
無印良品 折りたたみテーブル(オーク材)120㎝を1年間家族3人で使ってみての感想を書きます。 結論から言いますとパソコン作業・ダイニングテーブル・勉強机にぴったりの代物です 。 これだけ使えるのに、更に折りたためるというのがかなりの強みです。

オモ写記事ではないですが、このテーブルは折りたたみもできて、オモ写にすごく使えます。

よかったら覗いてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この中から1つ挑戦だけでもかなり大きく成長できた気がしますのでぜひお試しください。

私ももっとゴリゴリの加工ができるようになったら、随時更新していく予定です。